修理前にバックアップをしておくことは大切です

大切なデータを守るためにバックアップの重要性

データのバックアップは故障したiphoneを修理に出す前に必ずやっておきたいことです。Appleは故障した端末を正規店に修理依頼する際にバックアップを取ることを推奨しています。また近年はデータの初期化を行わずに修理を行うことを売りにしている非正規店もあります。しかし、画面やバッテリーなど簡単なパーツ交換で済めばiphone内のデータはそのまま手元に戻ってきますが、内部基盤の交換が必要な場合はデータは消去されてしまいます。

例えば画面割れを起こした場合、見た目は損傷は表面のガラスのみでも実際は内部にも深刻な損傷を起こしている可能性もあります。iphoneの修理を依頼する際は、正規店、非正規店問わずデータのバックアップは必ず取ることをおすすめします。

iCloudとiTunes2種類のバックアップ方法

iphoneのバックアップはiCloudを使う方法とiTunesを使う方法の2種類あります。iCloudはデータをオンライン上に保存する方法です。Wifiが利用できる環境であれば、iphoneひとつで時間や場所を選ばずにバックアップできるため手軽に利用できます。またiCloudはデータ量が5GBまでなら無料で利用できるサービスになります。それ以上のデータを保存したい場合は有料プランに切り替えるか、iTunesを利用したバックアップを行う必要があります。

一方iTunesを利用したバックアップはパソコン内にデータを保存します。iphoneの他にパソコンと接続用のUSBケーブルが必要になります。iCloudに比べると手軽さは劣りますが、バックアップできるデータ量はパソコンの空き容量次第なので、動画などデータ量が大きいものを大量にバックアップしたい場合に向いています。

急なトラブル等でiphoneの修理を吉祥寺でする必要がある時、吉祥寺駅周辺には沢山の修理店があるので安心してください。同業者様向けに修理代行サービスを提供している店舗などもあります。